×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日中の眠気の原因と、眠気を覚ます方法

眠気覚ましイメージ

仕事中の眠気を覚ます方法

デスクワークの方、立ち仕事の方、外で働いている方、飲食が自由にできる方・出来ない方… 皆さんさまざまな環境で働いておられると思います。ここでは、どのような環境で働いていても 比較的実践しやすい方法を取り上げました。

しかし、ここでご紹介する方法は、「一時しのぎ」ということでご理解ください。 日中の眠気を解消するためには、夜の睡眠をしっかり取ることが根本解決となります。 以下のページも参考になさって、夜の睡眠を充実させましょう。

なかなか寝付けない時の対策
夜中に何度か目が覚める時の対策
朝早くに目が覚めてしまう時の対策
起きた時の熟睡感がない時の対策

コンビニでも買える眠気覚ましドリンク


■「常盤薬品 眠眠打破 50ml」
眠気覚ましドリンクの定番。1本にコーヒー2杯分のカフェイン配合。コーヒー味と抹茶味があります。


■「常盤薬品 強強打破 50ml」
「眠眠打破」の強力タイプ。1本にコーヒー2.5杯分のカフェイン配合。濃コーヒー味。


■「常盤薬品 激強打破 50ml」
「強強打破」と同じく、1本にコーヒー2.5杯分のカフェイン配合。さらに、マカエキスやスッポンなどの強壮成分を配合。濃強爽味。

眠気覚ましのツボ


■指のツボ「中衝(ちゅうしょう)」
手の中指の爪の根元の、人差し指側。指をつまむように、爪でギリギリ押すと効果的。 痛いです。 テストの開始前や会議中の眠気覚ましにもってこいのツボです。


■手のツボ「合谷(ごうこく)」
手の甲側で、親指と人差し指の股の間の、少しくぼんだ部分。 反対の手の親指を押し込むように揉んでみて下さい。


■足のツボ「足臨泣(あしりんきゅう)」
足の薬指と小指の、骨の間。思い切り押します。名前の通り、泣くほど痛いです。 靴を脱げる環境にあるときは、このツボが一番効くように思います。


■首のツボ「風池(ふうち)」
後頭部のうなじの外側のくぼみで、ちょうど髪の生え際の部分。 下から上へ、押し上げるように指圧します。不眠、快眠のツボでもあります。


■頭のツボ「百会(ひゃくえ)」
頭のてっぺんにあるツボ。人目が気にならない環境であれば、バシバシ叩くとスッキリします。 眠気覚ましのほか、頭痛、肩こり、疲れ目などに効果的。


↑使いやすくて評判のツボ押し棒です。

会議中におすすめ、グーパー体操

両手のひらを同時に、グー・パー・グー・パーと繰り返す動作は、覚醒・感覚などの機能を制御している脳の脳幹網様体を刺激します。 その結果、眠気が抑えられ、集中力が高まってきます。 地味ですが、一瞬すっきりします。



人気の記事

運転中の眠気覚まし
サプリ・グッズ一覧
ここだけの話…



↑ PAGE TOP